【データ室】強者は何が違うのか?

【最終回】強者を決めるもの

強者を決める要素は何なのかを見るために、相関係数を調べてみます。 相関係数は、2つの要素の関連性を数値化したもので、−1から1の値となります。 絶対値が0.2以下はほとんど相関がなく、0.4以上でかなり相関がある、0.7以上が強い相関があると言われます。

1)相関係数

レートと、成績情報の各項目の相関を以下に示します。

図表6-1.相関係数

成績項目相関係数
平均得点0.991
平均順位-0.995
順位率トップ率0.888
2位率0.303
3位率-0.341
ラス率-0.826
アガリアガリ率0.653
平均アガリ点-0.066
平均アガリ巡目-0.261
振込振込率-0.560
平均振込点-0.350
リーチリーチ率-0.020
リーチ成功率0.442
仕掛け仕掛け率0.082
仕掛け成功率0.442

平均得点、平均順位はレート計算の元データであり、相関係数の絶対値は1に近い値です。 平均順位は−1に近い値で、平均順位が大きくなるほど、レートは低くなります。

順位率から、強者はトップ率が高く、ラス率が少ないと言えます。

アガリ率、振込率ともに強い相関ですが、アガリ率のほうがより相関が強いようです。

平均アガリ点は、強さとの相関は無く、より多くあがることのほうが重要なようです。

リーチ率、仕掛け率から、麻雀のタイプと強さは関係ないようです。

(2007/03/10 櫻井孝成)

※ハカセによる解説は、雀賢荘メールマガジンに連載されます。 →メルマガ登録はこちら

メンテナンス情報

【定期メンテナンス】
毎週水曜日AM6:00〜8:00

無料メールマガジン

「月カン!雀賢荘」

毎月10日、25日発行

日本最大級メルマガポータルサイトmelma![メルマ!] まぐまぐ!‐無料メールマガジン31000誌